知っていますか? ▷▷▷ フィトセラピー

植物の恵みを生かす技 ◇ Phyto(=植物)+therapy(=療法)

powerup_ill.png自然治癒力をサポート
私たちは生まれながらに自分のカラダを健康に保つ能力を持っています。
ハーブはその能力を十分に発揮されるように手助けをしてくれます。
あくまでも自然治癒力が主役でハーブがそれをサポートする脇役です。


running_ill.png

抗酸化力
ハーブは強力な抗酸化成分を持ち、活性酸素の害を抑えて、アンチエイジング(抗老化医学)の働きをします。
※アンチエイジングとは、年を重ねても健康なココロとカラダで人生を楽しむことを目的とする医学。


detox_ill.png

解毒力(デトックス)
私たちのカラダは放っておけば老廃物が溜まってしまいます。ハーブの中にはそのような老廃物を排泄する強い働きを持つ成分があります。

01-1.gif

※アロマセラピーは植物の香り成分のみを用いますが、
フィトセラピーはアロマセラピーを含む植物療法の総称です。



現代人には必要です! ▷▷▷ フィトセラピー

down_ill.png

現代は老若男女すべてがストレス社会の中に
過度のストレスは心・技・体のすべてに悪影響を及ぼします。しかも、ストレスを溜め込んだ末に出てくる症状は、複雑で複合的なため、「コレ」という治療法がありません。さらに困ったことには、「症状」として認識することもなく、ツラさを抱え込んでしまっている人が多いのが現状です。

02-1.gif

●精神的にツライ・ネガティブ思考が多い
●疲れが取れない・うまく眠れない
●集中力が出ない・ついボーっとしてしまう
●やる気が出ない・行動力が鈍くなっている
●いつもはやらないミスをする
●楽しいことをしているのに楽しめない


herbup_ill.png

だからこそ、ストレスと共に生きるための生活づくり
ストレスを感じて体調を崩しても、休養すれば回復するのが本来の人間です。
フィトセラピーは、そんな自然治癒力をサポートし、弱ったココロもカラダも行動力も元気づける力があります。
しかも、植物ごとにさまざまな効力を持ち、複雑で複合的な症状にも対応できます。
また、ハーブティを飲む・香りを楽しむなど、フレキシブルな取り入れ方ができるのも魅力的です。



こんな時に取り入れたい ▷▷▷ フィトセラピー

03-1.gif●ストレスを感じたときに
●集中力を出したいときに
●商談・会議・試験などに挑むときに
●頭の働きを活性化させるために
●ストレスで胃腸が弱っているときに
●うまく眠れないときに
●リラックスしたいときに
●二日酔いに

badfamily.png
03-2.gif

●肥満・生活習慣病改善に
●花粉症等アレルギー性鼻炎の症状緩和に
●風邪の予防に
●風邪の引き初めに
●疲れが取れないときに
●冷え性の人に
●凝りのひどい人に
●目の疲れに
●口臭・体臭予防に
●むくみが気になるときに



HOW TO? ▷▷▷ フィトセラピー

ハーブティー
ハーブ(アロマ)バス 手浴・足浴
芳香浴(ルームフレグランス)
アロママッサージ
などなど

そのための知識と技(テクニック)をROSELLE Fhyto-therapy SCHOOLではお教えしています。
フィトセラピーを楽しみながら学び、自分自身だけでなく、周りの人たちも癒せる...
そんなステキな人になってみませんか?

ROSELLE Fhyto-therapy SCHOOLが応援します!

goodfamily_ill.png